再開発が進む名古屋中心部

 

現在名古屋市では、リニア中央新幹線の2027年開通を見据え、名古屋駅エリアを中心に再開発事業や建て替え工事が進んでいます。当社の入居するビルは、名古屋駅と地下街でつながっており、事務所はまさに再開発事業エリアにあるため年中工事の音が絶えません。西隣ではホテルを建築中、南側の正面ではビルを解体中、東側の窓からは高さ100mは超えるクレーンが見えています。

 

先日、遠方に住む姉が名古屋に来ることがあり、帰りは姉を名古屋駅の新幹線口まで車で送迎しました。姉が名古屋に来たのは恐らく3度目で、10年以上前の私の結婚披露宴の時と、4年程前に家族で遊びに来た時、そして今回です。

「名古屋はリニアが来るから再開発であちこち工事だらけ」と、運転中説明しながら、ここ何年かで完成した商業施設などを思い起こしていました。

 

名古屋は随分変貌しました。


名古屋駅前 2019年5月撮影
(左より、ツインタワーの一部、JRゲートタワー、JPタワー名古屋。右が大名古屋ビルヂング)

 

【近年の名古屋中心部の開発状況】

2016年 大名古屋ビルヂング (商業施設 地上34階 搭屋1階 地下4階 高さ174.7m)
2017年 JRゲートタワー (大型商業施設等 地上46階 地下6階 高さ約220m 名古屋駅直結)
JPタワー名古屋 (複合施設 地上40階 地下3階 高さ195.74m)
グローバルゲート (36階 地下2階 高さ約170m(一部17階建・4階建)高層タワーと商業施設棟)
2018年 金シャチ横丁 (名古屋城の大型飲食施設)
御園座 (歌舞伎等の劇場・商業施設・共同住宅 地上40階 地下1階 高さ約150m)

ざっと挙げるだけでもこれだけあります。

特に名古屋駅周辺の変化は目覚ましく、元々あったツインタワー(53階と51階)に隣接して46階のJRゲートタワー、その隣に40階のJPタワーと続き、通りを挟んで正面には34階の大名古屋ビルヂングが竣工。それらは全て地下でつながっています。名古屋駅は大規模商業施設が次々と開業したことで週末などは以前に増して混雑しています。

2027年にリニアが開通すると、外国人観光客、長距離通勤者等さらに多様な人々が往来することとなります。

 

参照)

・大名古屋ビルヂング:大名古屋ビルヂング公式サイト

・JRゲートタワー:JRゲートタワー公式サイト

・グローバルゲート:グローバルゲート公式サイト

・金シャチ横丁:金シャチ横丁公式サイト

・御園座:名古屋市公開の「57.御園座タワー建設事業」

 

 

土地の価格は上昇中

 

名古屋駅前の路線価は上昇し続けています。

 

(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目7 名古屋駅ロータリー前)

 

名古屋市内はエリアにより地価に大きく差がありますが、2019年(平成31年)公示地価は、名古屋市全体では平均141万円(/坪)程度。名古屋駅のある中村区は平均528万円(/坪)程度となり市内で最も高く、第二位は繁華街・ビジネス街のある中区の平均483万円(/坪)程度となります。

参考に、東京23区の平均地価が535万円(/坪)程度で、区別で見ると、最高が中央区の平均2,717万円(/坪)程度、第二位が千代田区の2,092万円(/坪)程度と続きます。

 

名古屋市全体の地価は東京23区の4分の1程度に留まり、また、最も地価の高い区で比較すると5分の1程度です。

エリア等条件により異なりますが、名古屋は不動産価格が高騰し過ぎず利回りが比較的よいので、投資家の注目を集めています。

 

 

名古屋はまだまだ発展します

 

2027年のリニア開通まであと8年。名古屋の再開発は続きます。

今後は、名駅エリアに賑わいを奪われ気味の栄エリアの開発が目立ちます。

 

【今後の名古屋中心部の開発予定】

2020年 ■久屋大通公園整備計画  
(2020年4月頃 北エリア・7月頃 テレビ塔エリア供用開始予定)  
 

北エリアに床面積1,996㎡、テレビ塔エリアに5,410㎡の店舗などを設置。テレビ塔を中心とした景観軸の形成、合計1万㎡の5つの広場とテラスの整備、イベント開催の促進を計画中。

久屋大通公園整備運営事業計画概要(名古屋市)
2021年 ■(仮称)名古屋三井ビルディング北館  
(2021年1月末竣工予定)  
 

(地上20階・地下2階、延床面積29,000㎡ 商業施設・オフィス等の複合高層ビル)

名古屋駅前に新たなランドマーク

「(仮称)名古屋三井ビルディング北館」着工(三井不動産株式会社)
錦二丁目7番第一種市街地再開発事業  
(2021年度竣工予定)  
 

(大型複合施設 A棟:地上30階地下1階 約111m住宅・店舗 B棟:地上5階 店舗・駐車場)

野村不動産株式会社ほか3社が、同再開発事業の参加組合員として事業参画。

「名古屋・錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」着工のお知らせ(株式会社長谷工コーポレーション)
2022年 東桜一丁目1番地区開発(住友商事ビル跡)  
(2022年2月完成予定)  
 

(地下1階地上20階建96m延床約30,900㎡ オフィス・店舗等の複合高層ビル)

都市再生特別地区に指定。NTT都市開発の主導で、隣接するブロッサ等と連携して開発予定。

(仮称)東桜一丁目1番地区建設事業の都市計画決定について(NTT都市開発株式会社)
2024年 新中日ビル  
(2024年開業予定)  
 

(地上31階 ホテル・商業施設等の複合ビル)

中日ビル建て替えの基本計画について(中部日本ビルディング株式会社・株式会社中日新聞社)
錦三丁目25番街区開発(大丸松坂屋新ビル計画)  
(2024年開業予定)  
 

(商業専門店を含む大型複合施設 地上階数未定・地下2階)

※大丸松坂屋百貨店と名古屋市有地を購入した事業参画者との共同開発。事業内容未定。

錦三丁目25番街区の開発を名古屋市と共同で推進します(株式会社大丸松坂屋百貨店)

2027

リニア
開通

名鉄名古屋駅地区再開発  
(2027年完成予定)  
 

(階数30階程度、横幅400mもの超巨大高層ビル)

名鉄名古屋駅地区再開発全体計画(名古屋鉄道)
百貨店丸栄跡地の再開発  
(2027年完成予定)  
  周辺ビルを含めた再開発を計画中。再開発までの期間、食をテーマにした暫定施設の建設を計画中。

※上記には建替え事業も含まれます。計画の詳細は変更される可能性があります。

 

 

そのほか、2018年6月には名古屋城本丸御殿が完成しており、また、名古屋市は、名古屋城天守閣の木造復元計画を進めています。

 

★名古屋城本丸御殿 2018年6月完成済

  本丸御殿とは(名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)

名古屋城天守閣の木造復元 2022年12月の竣工予定

  復元事業の内容(名古屋市観光文化交流局名古屋城総合事務所)

 

 

名古屋の副都心「金山」の再開発構想

 

金山駅周辺も再開発計画中となっております。

 

2020年春、金山駅に隣接する商業施設「アスナル金山」は大規模リニューアルを予定しています。

リニューアル後は、名古屋駅リニア開通後の2028年2月まで営業を継続する予定となっており、その後、もともと暫定施設であったアスナル金山は解体される予定です。

アスナル金山解体後の跡地にはバスターミナル等を整備した高層ビルの建設計画があり、また、商業施設・会館等を含めた金山周辺は、アスナル金山跡地と一体的なエリアとする再開発計画があります。

 

名古屋駅から名古屋鉄道乗車3分の距離にあり、直結する中部国際空港駅と名古屋駅との間にある金山駅は、リニアの名古屋開通後、一層重要な役割を担っていくものと期待されています。

 

 

リニア開通により東京~名古屋間はわずか40分に

 

リニア中央新幹線(東京~名古屋間)は、2027年に開業を予定しています。

現在、名古屋~東京間は新幹線で約100分。リニアの開通は、100分をなんと約40分に短縮します。

 

ところで、姉に「名古屋はリニアが来るから~」と説明していると、姉は「あのナゴヤドームから見えた地下鉄じゃない上にあったやつ?」と、ナゴヤドームの横を通る高架のことを聞いてきました。どうやら、「ゆとりーとライン」というガイドウェイバス専用の道路のことでしたが、時速500kmものスピードで浮上走行する超電導リニアの建設物とは思えない外観…、しかも、リニアの大部分は地下40mより深い大深度地下やトンネル…、ただ、リニアが全く関係ない地域(姉は中国地方に居住)の、しかも日常の移動手段が車である地域の人のリニアに関する認識はそれほどなのかもしれない、とハッとしました。

 

<リニア中央新幹線(東京~名古屋間)>

※リニア中央新幹線は、8割以上が地下またはトンネル区間。

※中間駅の岐阜県は地上で、JR美乃坂本駅の北西。

※南アルプストンネルは、延長約25km、地表からトンネルまでの深さが最大で約1,400m。国内に前例のない規模(長さ・深さ)のトンネル。

参照)リニア中央新幹線 東海旅客鉄道株式会社 https://linear-chuo-shinkansen.jr-central.co.jp/

 

<関連記事>

1口100万から投資可能 不動産小口化商品「みらいアセット1号クラシエ金山」(募集中)~金山駅の魅力~

 

□□□□□□□□□□□□□□

株式会社みらいアセット

不動産特定共同事業チーム

E-mail:support@miraiasset.jp

TEL:052-300-0102

(営業時間:平日9時~18時)

◆◆不動産投資・相続対策・不動産売却のことなら、名古屋駅すぐのみらいアセットへ◆◆